*

『君の庭。』第6話ネタバレと感想

公開日: : 最終更新日:2017/04/14 オススメ漫画

前回までのあらすじ

前回のキーワードは責任でした。

かりんは間違って梅の木を剪定してしましいましたが、それによってかりんには1年後、梅の木に花が咲くか否かを見届ける責任が生まれました。

その責任によってかりんは1年後も青木造園にいてもいいという明確な理由が出来ましたね。

『君の庭。』第5話の全容と感想はこちら。

スポンサーリンク

全容

 

いざ庭師のディナータイムへ!!

 

6-1

(君の庭。6話)

 

「かりんちゃーん。ごはんですよー」

チャラ男のマサルが料理を片手に呼びかけます。

 

「まっ・・・マサルくんがごはんを作っているんですか?」とちょっぴり意外で驚くかりん。

 

「青木造園では住み込みで見習いの僕たちが交代で食事を作っているんだよ」

「今週は俺とメガネパイセン」と眼鏡の先輩とマサルが教えてくれました。

 

目の前には小鉢までついた立派な和食が並びます。

 

6-2

(君の庭。6話)

 

「うわぁ。す・・・すごいですね」と感心するかりんは

「マサルくん・・・同い年の男の子なのにこんなに料理ができるなんて・・・」と素直に感心しています。

 

「メシだー」「腹減ったー」

ぞろぞろと青木造園で修業中のお弟子さんが集まり、夕食を食べ始めました。

 

「ねぇかりんちゃん」とマサルが話しかけます。

 

ずいっと顔をかりんに近づけたマサルは

「藍川に何かエロいことされなかった?」と聞きました。

 

「え」きょとんとしたかりんは

「そんなことは・・・」と言おうとしますが、剪定を教えてもらう際に後ろから包んでもらった事を思い出し、ぼっと顔を赤くして、せき込みました。

 

その様子を見たマサルは

「へ!?藍川まさかお前もう・・・かりんちゃんと・・・」と真剣かつ焦った表情で問うと

「やった」とマサルは真顔で返しました。

 

「ヤ・・・!!?」と言葉を失うマサルですが、

「そっかー。かりんちゃん今日初めて剪定したんだね!」と眼鏡の先輩は言葉足らずの樹一を理解していました。

 

「なんだ剪定の事かよ。だよなムッツリ藍川だしな!」とマサルは安心とともにつまらないと言いたげ。

 

「でも・・・私のせいで」

「おじいちゃんを怒らせてしまって・・・」

「藍川君にとんだご迷惑をおかけしました・・・」とかりんは未だに引きずっています。

 

「いーじゃん」とマサルは言いました。

 

「迷惑かけまくれ」

「ミスっていーじゃん。初めてなんだから」

 

「1個1個覚えて、気づいたころに年輪重ねた立派な幹になってりゃいーじゃん」

 

チャラ男にも関わらず、意外にもいいことを言うマサル。

 

しかし、そのすぐ後には

「まぁ俺的には女の子は細腰の方がエロくてぐう・・・」と変なことを言おうとしたので、

ゴンと藍川は茶碗でマサルの頭を叩きつつ「おかわり」と言って制止しました。

 

「そうだかりんちゃん。学校はいつからなの?」と眼鏡の先輩がふと思い出したように聞きます。

 

「あ・・・えと一応来週からの予定です」とかりんは答えました。

気になっていたんですが、ちゃんと高校には進学するようですね。

 

「ごちそうさまでした」と藍川は席を立ちました。

 

食事を終えたあと、かりんはマサルに聞きました。

「マサルくんと藍川くん・・・お2人は学校は」

 

「うん。言ってないよ」と答えるマサル。

 

「でも、通信制で高校の勉強はしてる」

「棟梁が勉強はしとけってゆーからさぁ」

 

「サインコサインとかまじ何に使うんだよって感じだよね」とおちゃらけて言うマサルですが・・・。

 

「けど、師匠が教えてくれたんだ」

 

6-3

(君の庭。6話)

 

「庭って、総てのものが繋がっているんだって・・・」

 

「勉強もご飯食べるのも作るのも」

「季節の食材とか、その日に合う箸置きだとか。料理に適当な器選ぶのも、彩りも全部・・・」

 

「自分の血となり肉となる」

「そしてそれは・・・」

 

6-4

(君の庭。6話)

 

「庭造りの表現の礎になるんだ」

 

話を聞いたかりんは

 

「マサルくん・・・ちょっとチャライ人かと思ってたけど庭に対しては真面目だ」

「いや・・・ここにいる人たちみなさん・・・」

「庭が好きで」

 

「凄く真摯に庭と向き合っているんだ」

 

6-5

(君の庭。6話)

 

と尊敬の念を抱くのでした。

 

そんな風に考えていると、眼鏡の先輩からノートを樹一に渡すように頼まれました。

 

樹一の方に歩きながら、ノートを見て樹一を思うかりん。

 

「これ・・・藍川くんも庭の話をしてくれた時すごく楽しそうだったし・・・」

 

さぁ

 

樹一のことを考えると風が吹きました。

そして、外で庭を見ている樹一の姿を発見しました。

 

「どこ行くんだろ?」とかりんが樹一を見つめていると

 

ぱち

 

6-6

(君の庭。6話)

 

2人は目が合いました。

 

目が合っちゃった!!

 

感想・考察

 

今回は庭師としての生き方や考え方が学べましたね。

 

マサルはチャライですが、真剣に打ち込めるモノがあって素直に羨ましいし、尊敬します。

 

「庭って総てのものが繋がっているんだって・・・」

とマサルは師匠の受け売りで教えてくれましたが、これは庭以外の事もそうですよね。

 

無駄な事なんて1つもないとは僕は言いませんが、師匠なら無駄な事なんて1つもないと教えてくれそうです。

 

今回はマサルにフォーカスされていましたが、君の庭。が単行本化されたら、おまけ漫画などでマサルの恋愛についても触れられそうですよね。楽しみです。

 

次回は、樹一とかりんは夜の庭をみながら静かに会話するのかな・・・。

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねごはん。 マンガワンにて毎日1

記事を読む

『楽園市場』第1話ネタバレと感想(夢枕)

作品紹介 マンガボックスで新連載となったの『楽園市場』の全容や感想をまとめていきます。 楽園市場

記事を読む

『楽園市場』第13話ネタバレと感想(夢メガネ)

前回までのあらすじ 一度は線路に身を投げ、死のうとした正勝。 そんな正勝の前にアダムが現れ、命を

記事を読む

『少女ペット』第3話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 第2話はペット少女の川嶋さんに膝まずき、主従関係を逆転させるような描写で幕を閉

記事を読む

『血と灰の女王』第9話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 今は亡き親友京介。 ドミノに連れられ向かった闘いの場には京介の兄である京児が

記事を読む

『血と灰の女王』第8話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 京介の兄は雷を操る能力を有していた。 喧嘩は素人の善は終始戦闘を優位に進めら

記事を読む

『ヘルク』最終回も近そうなので最新話までのネタバレと感想③

ヘルク 七尾ナオキさん著で、マンガワンにて月曜日に連載されている作品です。 もう少しで最終回が来

記事を読む

『まっすぐ息をすって。』第4話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は遥と花鈴は落語研究会に所属する希美とリサを放送部に勧誘しますが、 落語

記事を読む

『三角的恋愛の饗宴』 第2話全容と感想

前回までのあらすじ 前回は   (三角的恋愛の饗宴1話)   以上

記事を読む

『まっすぐ息をすって。』第6話後半ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回で落研の2人が放送部に入ることになり、放送部は正式な部になりました。 放

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『三角的恋愛の饗宴』続編スタート!最新第6話の全容と感想

三角的恋愛の饗宴 5話で1度は最終回を迎えており、アンケートの結果次第

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねご

『夜の世界は美しい』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 伊十蔵景さんが描く夜の世界は美しい~17歳が異世界でキャバ

『青のオーケストラ』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 阿久井真さんが描く青のオーケストラ。 マンガワンにて新連

『ガットショット』第1話ネタバレと感想・マンガBANG!で新連載

作品紹介 佐藤まさきさんが描くガットショット。 マンガBANG!に

→もっと見る

PAGE TOP ↑