*

『楽園市場』第6話ネタバレと感想(夢マスク・夢ボディ)

公開日: : 最終更新日:2017/04/14 オススメ漫画

前回までのあらすじ

前回は麗美になったゆう子が実際にアフロディーテという高級クラブで働くことになりました。

アフロディーテから採用された後、ゆう子は働いていたコンビニの店長に仕返しをしてスッキリ。

その後アフロディーテで働いていると、麗子という他のスタッフから嫌がらせを受けます。

「私よりブスのクセに」と麗子を睨み、敵対視を燃やす麗美。

それから麗美はイケメン医者の浩二をはじめ、どんどん指名客を増やしていきました。

 

『楽園市場』第5話の全容と感想はこちら

スポンサーリンク

全容

 

「では最後今月のトップは800万オーバーでレミちゃん!」

「たった3か月で凄いわ。おめでとう」とアフロディーテのママが麗美を表彰しました。

 

6-1

(楽園市場第6話)

 

「ありがとうございますママ」

「皆様のご指導の賜物とあとは運でした」と謙虚な姿勢で麗美は周りのスタッフにもお礼を告げます。

 

「なっ何が運よおっ!」

「私の客を狙い撃ちで指名替えしといてぇ!」とレミに嫌がらせをしていた麗子は

不満をレミにぶつけました。

 

しかし、麗美は高らかに言います。

 

「ご自慢のやっすい体使っても獲られるよーじゃ」

「ずっと私のヘルプの方が似合っててよ麗子センパイ」

 

そう麗美が言い返すと、

周りのスタッフも麗子を煙たく感じていたのでクスクスと笑いました。

 

結局麗子はそのまま店を去っていきました。

 

麗子が去ったあとも麗美は浩二といい感じに距離を縮めていきます。

 

「も~イケズやなレミィ。そろそろさせてぇなぁ~」

 

「ンもぉお医者様のクセにスケベなんだから」

「でもお医者様のおウチ・・・見てみたいカモ」

「今度の非番あたり・・・どう?」

 

「ね。浩二さん」そう言って麗美は浩二にキスをしました。

 

「っしゃ!!約束ッ約束やでレミッ!」と浩二はかなり嬉しそうです。

 

しかし、その晩浩二はデリ○ルを家に呼びました。

 

リンカーン

 

6-2

(楽園市場第6話)

 

「おーう待っとったで」と浩二が女性を迎えにあがると、

 

「・・・あれアンタは」と何やら浩二を知っている女性の様でした。

 

一方その頃ゆう子は・・・。

 

バリボリバリボリバリボリ

 

6-3

(楽園市場第6話)

 

「痒いっ・・・痒い痒い痒い痒い~~」

 

「脱ぐと痒くなる?12時間超えてたっけ?試作品だから?」

「なんか発疹もっ。わ、私どうなっちゃうのおおおお!?」

 

夢マスク・夢ボディの副作用からか全身の激しい痒みに襲われていました。

 

次の日。ゆう子は浩二の勤めている病院へ行きました。

 

「うーん。こらあかん。相当痒いでしょう?」

「これはアレルギー性の蕁麻疹ですね」と浩二はゆう子の状態を視ます。

 

その優しい浩二を見て、

 

「白衣姿の浩二さん・・・やっぱステキ」

「フランクで誠実で」

 

「ーでも」

 

「こないだのキスの相手の中身がコレだと知ったら・・・」

 

6-4

(楽園市場第6話)

 

「なんとしてもレミでい続けなければ!」

 

後日、麗美が非番の日。

 

ゆう子は浩二の家に行けるのでかなり上機嫌です。

「うふふふふふ。ついに今夜よ~ついに今夜私たちは・・・」

 

ゆう子は麗美に変身し、浩二の住むマンションに向かいました。

 

「浩二さん私よー」と麗美が呼ぶと

 

ばあん

 

「レミいいいいいい」と浩二さんが勢いよく元気に飛び出して迎えに来ました。

 

部屋に入るとすぐ、浩二は「さぁて」と言って麗美をソファに投げます。

 

「んも~浩二さんのせっかちぃ~」

「しゃ~ないやん。一目惚れのゾッコンやったんやからな!」と浩二はレミを押し倒しキスをします。

 

「初めてが医者の家の高級ソファーの上で・・・か」

「なかなかだわ」

 

麗美は自分の初体験のシチュエーションに満足します。

 

「っとと手が」麗美の手がソファの隙間に潜り込みました。

 

6-5

(楽園市場第6話)

 

「ん?隙間に何か」

 

隙間に何か挟まっていることが気になってずるっと取り出してみるとそれは・・・

 

麗子がいつもつけていたネックレスでした。

 

「ここで麗子が!?」

 

同じ場所で麗子と浩二が結ばれたことに気づいた麗美は

「ゴメン帰る!」と浩二を突き放して帰ります。

 

以前浩二が読んだデリ○ルは麗子だったのです。

麗子はアフロディーテを去った後、転職していたのでした。

 

「あの女がたぶらかした!」

「なんの罪もない誠実な浩二さんを!!」

「麗子ォオオオオオオオ」

 

6-6

(楽園市場第6話)

 

憎悪に満ちた表情で麗美は麗子を恨みます。

 

そして、とある代行会社に麗美はある依頼をしました。

 

後日、アフロディーテの更衣室にて。

 

「あーーーーっ」

 

桜がいきなり声を上げます。

 

「このガス爆発事故により・・山田麗子さんは病院に運ばれましたが重度の火傷を負い重体・・・」

 

なんと麗子が事故に合い、重体になっているというニュースが流れていました。

 

6-7

(楽園市場第6話)

 

「れ、麗子だよね。うわ~さすがにカワイソ~」とスタッフたちが同情している傍ら、

「ニュース見てるわ。ええ・・・ええ・・。」と麗美は電話をしています。

 

「ちゃんと顔は再起不能に潰してくれたわよね?」

「そう・・・OK。じゃ残りの成功報酬振り込んでおくわ」

 

そう、麗美は代行会社に麗子の顔を潰す依頼をしていたのでした。

 

クッククク

 

「私に歯向かうから罰を受けた。い~い気味」と麗美は不敵に笑うのでした。

 

麗子を再起不能にしたあと、麗美は浩二と旅行に出かけます。

 

「ほんとこないだはゴメンねぇ。浩二さんの愛の重さにビックリしちゃって」

「でも今日はしっぽり受け止めるから」麗美は浩二と楽しそうに会話をします。

 

「正直保湿ボックスから遠く離れるのは恐いけど1泊2日なら大丈夫よね~」

「処方箋で肌もなんとかなってるみたいだし」

 

麗美は夢マスクと夢ボディの使用時間限度である12時間を超えることに多少の心配はありましたが、1泊2日なら大丈夫と高を括ります。

 

「何より浩二さんと2人きりで過ごしたい!」

「最高のシチュエーションで」

 

「何度も何度でも」

 

6-8

(楽園市場第6話)

 

「この幸せはずっと続くんだレミでいる間はずっと・・・」

 

麗美は浩二と結ばれました。

 

「も~!3日目の朝よ!チェックアウトでしょ」と麗美が寝ている浩二を起こします。

どうやら1泊2日では物足りず、2泊3日に変更したのでしょう。

 

「浩二さんはネボウだな~~」

 

あ・・・・れ・・・?

 

「ほんでこれからのことなんやけど・・・どしたレミ?」

 

なんかヒリヒリするような・・・

 

!!

 

6-9

(楽園市場第6話)

 

「ヒ・・・ヒビ!?」

 

手鏡で麗美が顔を確認すると、顔にヒビが入っていました。

 

「まさか。まさか。」

 

浩二と麗美は飛行機で旅行先から帰ります。

 

「ぎゃっ・・・・」

6-10

(楽園市場第6話)

 

「そ・・・そんな」

 

「か、体中に・・・」

 

家に帰り、服を脱いで体をみると、

体中にヒビが入っていました。

 

「私の・・・マスクが・・・ボディが・・・」

 

プシュッ! プシュッ!

 

麗美は夢マスクと夢ボディを脱ぎ始めます。

 

「んおっ・・・はっ・・・何この汁っ・・・」

 

ひっ・・・・

 

「ら、楽園市場にっっ・・・・」

 

ゆう子の姿に戻ったあと、自分の姿を見てゆう子はすぐに楽園市場に電話をしました。

 

「どういうことなんですっ!?こ、これじゃ私・・・私」

「責任とって何とかして下さいよ!ねっちょっとなんか・・・」

 

必死に頼むゆう子ですが楽園市場は

 

「12時間使用限度を厳守されてないのでしたら致し方ありません」

「どの道当社は責任を負いかねますのでそれ故のモニター価格でございます」

 

「尚、開発中の特製品ですので修理・代替は一切不可でございます」

「今回はモニターご利用誠にありがとうございました」

 

ツーツー

 

無情にも電話は切れました。

 

「私・・・どうなっちゃう・・・の」

 

「私・・・ワタ・・・ヒ・・・」

 

6-11

(楽園市場第6話)

 

後日ニュースが流れます。

 

「尚、遺体と見られる物のDNAは著しく損傷しており住人の横田ゆう子さんであるかの解析中との・・」

 

どうやらゆう子はそのまま亡くなりました。

 

楽園市場の男がニュースを見ながら言います。

 

「夢マスク&夢ボディ」

「どうやら想定以上に肉体を変質させてしまうようです。ま、失敗作ですが」

 

「しっかし悪い人でしたねぇ貴女」

 

「人間性も下劣な上に殺人教唆をやらかすクズだったとは」

「同情の余地ナシです。まっすぐ地獄へ行ってください」

 

「用法と節度を守っていればバラ色の人生だったのにアホですね~」

 

楽園市場の男はやはりゆう子を観察しており、全てを知っていました。

 

「じゃいこうか」と犬の次郎に楽園市場の男は声を掛けました。

 

「グルル・・・」

 

6-12

(楽園市場第6話)

 

感想・考察

 

今回で横田ゆう子と夢マスク・夢ボディの話は終わりました。

田中と夢枕の話同様、3話で終了しましたね。

 

しっかし悪い人でしたね~横田ゆう子。

楽園市場の男と全くの同意見ですw

 

お店を追い出すまでは百歩譲っても許されるとして、

殺人教唆はアカンでしょう。

 

結局ゆう子はレミで居続けることに固執してしまい、

夢マスク・夢ボディの使用時間限度を超えて使用してしまいました。

 

その結果がまるで液体のように、人としての姿ではない姿で人生を終えました。

然るべき結果でしょう。

 

しかし、楽園市場の男が

「用法と節度を守っていればバラ色の人生だったのにアホですね~」

と言っていたのは気になりますね。

 

夢枕然り、どんなアイテムでも恐らくは人生をバラ色に出来るアイテムしか楽園市場は提供していないのではないでしょうか。

 

次回のアイテムが気になりますね。

 

さて、話は逸れますが・・・。

 

ゆう子、話し上手じゃね?

 

麗美になって自信がついたというのはもちろんあるでしょうが、

それでも、むすっとしていたゆう子があんなにも男性を立てる話し方が出来るでしょうか?

 

ゆう子のような女性がタイプの男性が集まるお店とかなら、

ゆう子自身でも結構いい生活送れたと思いますw

 

さて、追加情報ですが、後日夢マスク・夢ボディは完全版?が販売されました。

 

夢マスク:100万円・夢ボディ50万円

 

夢マスク100万円もするものをタダでゆう子は手に入れてたんですね。

100万円で理想の顔が手に入るのならかなり安い買い物だと思います!!

僕も欲しい!

 

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事

『楽園市場』第10話のネタバレと感想(夢ボタン)

今回のお話 今回からは大野次郎というまだ8歳の小学生と夢ボタンというアイテムの話になります。 &

記事を読む

個人的に実際に会って話してみたい漫画家を2人だけ紹介。

今回の記事について 今回は漫画の紹介も兼ねて、作品を通して実際に話してみたいなと思う作者様について

記事を読む

『血と灰の女王』第10話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は京介の兄、京児について色々と本人の口から語られました。 京児の話を聞い

記事を読む

『まっすぐ息をすって。』第11話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 朝霞北高校放送部から最初に発表をすることになりました。 短い時間でしたが、し

記事を読む

『ヘルク』最終回も近そうなので最新話までのネタバレと感想③

ヘルク 七尾ナオキさん著で、マンガワンにて月曜日に連載されている作品です。 もう少しで最終回が来

記事を読む

『血と灰の女王』第11話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 善は再び別のヴァンパイアと戦うことになった。 善は戦いの最中、敵のヴァンパイ

記事を読む

『中卒労働者から始める高校生活』 第1話全容と感想

作品紹介 マンガボックスで新連載となった佐々木ミノルさんの描く「中卒労働者から始める高校生活」

記事を読む

『三角的恋愛の饗宴』 最終話の全容と感想

前回までのあらすじ まさかまさかの第5話で最終回が訪れました。 今マンガボックスで1番面白いなっ

記事を読む

『魔法少女サイト』第3話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 第2話は、2人の人間を殺してしまったかもしれないと恐怖におびえる彩が学校に到着

記事を読む

『楽園市場』第3話ネタバレと感想(夢枕)

前回までのあらすじ 前回は田中が夢枕にどっぷりとハマってしまい、私生活に影響が出てくるほどまでにな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『三角的恋愛の饗宴』続編スタート!最新第6話の全容と感想

三角的恋愛の饗宴 5話で1度は最終回を迎えており、アンケートの結果次第

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねご

『夜の世界は美しい』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 伊十蔵景さんが描く夜の世界は美しい~17歳が異世界でキャバ

『青のオーケストラ』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 阿久井真さんが描く青のオーケストラ。 マンガワンにて新連

『ガットショット』第1話ネタバレと感想・マンガBANG!で新連載

作品紹介 佐藤まさきさんが描くガットショット。 マンガBANG!に

→もっと見る

PAGE TOP ↑