*

『楽園市場』17~20話ネタバレと感想(夢チップ)

公開日: : 最終更新日:2017/04/14 オススメ漫画

今回のお話

今回は5歳の少女である水田愛夢チップのお話です。

ですが、愛視点で描かれるのではなく、その母親の恵視点で描かれています。

(楽園市場17話)

 

夢アプリのネタバレと感想はこちら

スポンサーリンク

全容

17話

(楽園市場17話)

 

母親からの暴力。

オマエさえ・・・」そういって母は抵抗する力もない恵みを・・・。

(楽園市場17話)

 

「あぁあ・・・」という唸り声に、恵の彼氏が反応して悪夢から覚ましてくれました。

 

恵は高校生になっても、母親からの虐待の記憶に苦しめられていました。

あのままだったら、死んでいたかもしれない。

そんな状況から救ってくれたのがこどもの園。

5歳の頃から恵はここで育ち、高校ではサトルという悪夢から覚ましてくれた彼氏とも出会い、幸せな日常を送っていました。

 

しかしながらその後、恵は妊娠していて、既に5か月が経っており堕胎出来るギリギリの状況にいることが病院に行って発覚しました。もちろん、彼氏のサトルとの子供。

恵はサトルを呼び出して、その事を伝えました。

するとサトルは最低な事を口にします。

 

「んなもん堕ろしちゃえと。ポーンと。金は親に出してもらってやっから」

「つ~訳でお遊び終了。あ、周りや先公にバラすなよ?わーったな!」

 

そう言って、彼氏は唾を吐き捨て去っていきました。

その場に残された恵は座り込み、「ポーンと・・・・ね」とお腹を押さえながらこぼすのでした。

 

その夜涙を流しながら恵は、「オマエなんか・・・」と母親から虐待されていた過去がフラッシュバックしながらも、お腹の中にいる自分の子どもの事を考えていました。

 

次の日の学校。担任の先生が要件を述べ終ったところで恵は「報告があります」と挙手をしました。

そして、クラス皆の前で診断書を片手に言いました。

「私成田サトルくんに妊娠させられました。もう堕ろせない時期なんでポーンと産まーす!」

 

クラスは騒然とし、サトルは半泣きで「オマエエエエ」と掴みかかろうとしますが、クラスメイトに抑えられました。そんなサトルの顔に恵は唾を吐きかけ、「私退学するから。もうお前の顔見なくて済むわゲス野郎」と言ったりました。

(楽園市場17話)

 

18話

認知しないことを条件に、サトルの親が全ての費用を負担することになりました。

こどもの園の人たちに支えながらも、恵1人で子供を育てていくことを決意。

子どもの名前は愛。彼女が今回の主役です。

 

生まれてきた我が子を抱いて、母親になった恵。

(楽園市場18話)

 

「私はこの子を愛してゆく」

「母からは決して受けられなかった愛情を愛に注ぐ。そう思っていた・・・」

 

それから5年の歳月が流れました。

愛は素直で可愛い子だった。でも、恵はまだ22歳。周りの同い年の人たちはみんな遊んで楽しそうにしています。そんな風に、悩みを持っていると、テレビで「これからはネットの時代。仲間も増えて人生が広がります」という宣伝が目に入りました。

 

早速、そこに電話をしてパソコンを購入した恵。テレビショッピングで買った特典として、接続から立ち上げまで無料でプロがやってくれることになっていました。その時にやってきたのが太一。彼は優しくパソコンの扱い方を教えてくれました。が、途中でパソコンで虐待に関する映像を事情を知らない太一は流してしましました。過去を思い出した恵はよろよろと倒れそうになりましたが、太一が支えてくれました。そして、そのまま2人は結ばれてしまいました。

(楽園市場18話)

 

半年後。太一には奥さんがいましたが、度々恵の家に来るようになっていました。

そして、遂には離婚届を出し、仕事も辞め、これからは恵の家で暮らすと言い始めました。

半年前の様なら良かったのでしょうが、毎日のようにお酒を飲み、仕事も辞め、ぶくぶくと太って、昔の面影はなくなってしまった太一。

「何勝手なこと言ってんの!お金だって手一杯なのにっ」と恵が言うと、太一は「まーまーとにかくお祝いに一発ぅ~」と恵に触れます。

 

襖の隙間から愛が見ており、止めてくれと恵が懇願しても太一は無理やり始めました。

そして、太一が寝静まり、恵は愛にご飯を食べさせようとしました。しかしながら、5歳ながらに大人の醜い部分を見てしまった愛は食べようとはせず、蓮華を渡してきた恵の手を払ってしまいました。

(楽園市場18話)

 

少しの沈黙。

 

パァン

 

(楽園市場18話)

 

「え・・・?」

 

気が付くと、恵は愛しているハズの愛を手のひらで叩いていました。

 

「た・・・たたいた?私が?そんな馬鹿な?」

「あ・・・これは違うのよ愛。これは・・・」と最も動揺しているのは恵自身。

 

愛は「お・・お母さぁぁん」と涙をこらえつつも笑みを浮かべた後、走って母親から離れ、トイレに隠れます。「開けて!愛~」という母の頼みを無視して、鍵を閉めてトイレに引きこもる愛。

 

すると、ここでアダムが現れました。

(楽園市場18話)

 

「え・・・お兄さん。だぁれ?」

 

19話

「残念ですが愛さん」

「これからは先ほどの様な辛い事が続くことになります」

 

アダムはそう言って「アーン」と愛に口を開かせ、何かを口の中に入れました。

それが今回のアイテムである夢チップ。

使い方は痛いのが来ると思った時に、夢チップをグッと噛むだけ。それだけで痛みを和らげることが出来るようだ。しかしながら、ただ、痛くないだけなので傷の度が過ぎれば死んでしまうという注意点はあります。

 

アダムは夢チップを渡して、説明した後に姿を消しました。

愛はトイレから出ます。

恵は涙しながら、「ゴメンねぇ愛。二度としないから許してね愛っ」と抱きしめました。

(楽園市場19話)

 

後日、太一はパチンコ屋から帰ってきました。

ガチャンという扉が開く音を聞いて、恵は愛を部屋に隠れているように指示します。

太一はお酒を飲んでおり、負けた理由を恵のせいにして、恵の上に乗り、殴ります。

恵は「私だけなら耐えられる。愛さえ・・・」と愛する娘の為に耐え続けました。

 

しかしながら、また別の日。

今度は家で太一がテレビを見ている時、愛にこっちにおいでと呼びかけます。

愛は首を振り、太一の誘いを断りました。

それが太一をまたイライラさせてしまい、「いい加減キレんだけどなぁ~」と遂に愛に手を出します。

恵を突き飛ばして、愛の腕に煙草の火を押し付けました。

 

しかしながら、その少し前に愛は夢チップを起動させて、痛みを消しました。

太一は「アレ・・・えっ?なんで?」と驚きを隠せません。

(楽園市場19話)

 

そんな事があって、恵はやっと行動に移しました。

お世話になった施設の園長先生を始め、施設の人たちのお陰で太一とはすっぱり縁を切りました。

 

それからはまた愛と2人きりの生活に戻ります。

退屈で平穏な日々。前にも増して愛は恵にまとわりつくようになりました。

でも・・・二度と同じ過ちは犯すまい。

 

そう思っていました。

 

「ひぃっ」

 

(楽園市場19話)

 

「こっこれは一体っ・・・だ、誰が・・・」

 

愛の身体には無数の傷跡が。

「私がやった?私が・・・本当に!?」

 

恵は自分でも気が付かないうちに愛に暴力を向けていたのです。

この事実が世間にばれてしまったら愛と離れ離れになってしまう。

恵は本当に愛の事を愛しているのです。それでも、気が付いたら・・・。

 

どうしたら良いのか解決策をパソコンで探してみると、1つのサイトに目がいきました。

『子育てチャット』

子育ての楽しさや難しさ、悩み相談なんかを気軽に話すことが出来るサイトでした。

 

そこで、恵は悪魔という変わったニックネームの人と話します。

そして、悪魔の方から、実際に会ってみませんか?というお誘いが。

勢いで会うことになり、外で待ち合わせをする恵。

 

そこに現れたのは、悪魔こと竜崎麗二。

甘い感じのイケメンでした。

(楽園市場19話)

 

20話

麗二と恵はお店に入って、子育て等について話します。

麗二は親身に相談に乗ってくれて、かなりいい人そうな雰囲気で、恵も好印象を抱きます。

 

恵は麗二を愛に紹介し、愛もすぐに受け入れました。

「れーじー」と懐いた愛。麗二は在宅の仕事ということもあり、愛の面倒も見られます。

3人は幸せな時を過ごします。

恵もこれが私の求めていた生活だと、安心していました。

(楽園市場20話)

 

しかしながら、実は麗二は異常な性癖の持ち主でした。

3人仲良く川の字で寝ていると、隣で寝ている愛を見ながら自分を慰め、不気味に笑うのでした。

 

誰の為かは分かりませんが、お誕生日会を3人でやることになりました。

恵がアレを買ってくるからといって、外に出かけたので恐らく愛の為の誕生日会。

恵にとっても施設を出て以来のお誕生日会で、幸せを噛みしめていると、割引券を家に忘れたことを思い出します。

そして、恵が割引券を取りに家に戻ると、そこには衝撃の光景がありました。

(楽園市場20話)

 

麗二が愛を襲っていたのです。

 

愛を守る為に恵は包丁を振り回します。

麗二の腕をかすめ、麗二は「人殺しっ・・・」と恐れて逃げていきました。

 

逃げていく麗二の後ろ姿。

 

「どうしてこうなってしまうの・・・」

 

せっかく手に入れた幸せ、これからも続くと思っていた幸せはあっけなく崩れ落ちました。

 

ズギィ

 

恵の脳裏に過去が浮かび上がります。

 

「・・・エ」

「オマエ・・・」

 

「オマエ・・・さえ・・・」

 

「オマエさえええええええええ」

 

(楽園市場20話)

 

パアン

 

思いっきり愛の頬を打った恵。

愛は夢スイッチを起動させました。そして「お母さぁん。ゴメン・・・なさいぃ」とへらーと笑います。

 

パン パアン

 

「なんで・・・泣かないのっ!!」

「愛~~~~~~っ」

 

パチッ バチッ バチッ パン

 

何度も何度も愛する娘殴る母親。

終いには思いっきり蹴り飛ばして、無抵抗で無力な娘を壁に打ち付けました。

 

それでも愛は、ムクゥ・・・と立ち上がって、へらーと笑うのです。

 

ブツリ・・・

 

(楽園市場20話)

 

恵は愛の腹部に包丁を突き立てました。

「お・・・おかあ・・・さあ・・・ん」

 

「なんでッなんでオマエは・・・」

もう一度包丁を振り下ろそうとした拍子に、恵は愛から溢れ出ている液体に足を取られ転びます。

そして、持っていた包丁は、自分の腹部に刺さりました。

 

そして、アダムが現れました。

 

「夢チップは肉体の痛みは消えても残念ながら心の痛みまでは消せないんです」

「ただ幸せな家庭を願った。ただそれだけなのに・・・」

「運命というモノは誠に残酷なものですね」

 

(楽園市場20話)

 

愛と恵は重なるようにして、目を開いたまま残酷にもその命に幕を下ろしました。

 

感想・考察

今回の話は色々言いたい事がありますが、2点述べようかなと思います。

1点目は夢チップの役割について。正直夢チップはこの話に必要ないと思います。恵は殴っても殴っても泣かずに笑っている娘に対して恐怖や嫌悪感など色んな感情を持ったことでしょう。では、殴って普通に泣いていたら、愛達はこのような運命をたどらずにいられたのでしょうか?

それは違います。正直、僕は実際に虐待されたことも、された人の話も生で聞いたことはありません。でも、人っていうのは、痛みや苦しみに慣れる性質があるようです。場合によっては脳が信号を停止して痛みを全く感じさせない様にする防衛機能もあるようです。

夢チップが無くても、いずれは愛も痛みを感じなくなるようになっていたでしょう。そして、同じような運命を辿る。夢チップは防衛機能が働くまでの期間を短縮させるためのものだったんじゃないのかなって思います。

2点目は最後のアダムの言葉。「運命というモノは誠に残酷なものですね」について。

虐待を受けていた人は、また虐待するようになるっていうのは割と有名な話。最近英語の勉強を始めたのですが、DataBase5500という英単語帳11pに載っていた文章。

Physical abuse of children often produces feelings of violence in a child.

子どもへの身体的虐待は子供の中に暴力に頼る感情を生み出すことが多い。

恵も気が付いたら暴力に頼るように、植え付けられてしまっていたんですね。

でも、僕が言いたいのは、ここで「運命」という言葉を使うのかという所。

運命という言葉が指しているのは、愛と恵の2人についてだとは思うのですが、なんとなく、他のこういった経験がある方たちに対しても、運命という言葉が使われているような気がする。そして、暴力を受けていた恵は暴力に頼る運命にあるという運命でもある、というのはちょっと違和感を感じました。

まあ、最後のアダムの言葉は愛と恵、2人に対して言っていますよね。夢チップを使って肉体的な痛みを消していた愛だけではなく、傷は言えたが精神的な傷はいうまでも消えないという恵。伝えようとしていることは僕が言っていることとは違うので、しょうがない気がするのですが、やっぱり運命という言葉はここでは使ってほしくなかったなぁ・・・というのが僕の感想でした!

 

因みに、麗二が悪魔って言って現れたので、楽園市場・アダムのライバル的な存在なのかな?って思ってしまいましたw

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

『血と灰の女王』第3話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 猫殺しのヴァンパイアに殺されかけた善は、奇妙にも自らがヴァンパイアになっていた

記事を読む

『楽園市場』第6話ネタバレと感想(夢マスク・夢ボディ)

前回までのあらすじ 前回は麗美になったゆう子が実際にアフロディーテという高級クラブで働くことになり

記事を読む

『三角的恋愛の饗宴』 最終話の全容と感想

前回までのあらすじ まさかまさかの第5話で最終回が訪れました。 今マンガボックスで1番面白いなっ

記事を読む

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねごはん。 マンガワンにて毎日1

記事を読む

『楽園市場』第13話ネタバレと感想(夢メガネ)

前回までのあらすじ 一度は線路に身を投げ、死のうとした正勝。 そんな正勝の前にアダムが現れ、命を

記事を読む

『楽園市場』第9話ネタバレと感想(夢和傘)

前回までのあらすじ 一晟は夢和傘を使って憧れの留依と仲良くなることが出来ましたが、ある日突然現れた

記事を読む

『少女ペット』第6話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 虚人は交通誘導のバイトをしながら少女ペットの維持に多額のお金が必要になることで

記事を読む

『桐生先生は恋愛がわからない。』最終話ネタバレと感想

桐生先生は恋愛がわからない。 遂に最終回を迎えてしまいました。単行本、最終5巻は3月24日発売との

記事を読む

『君の庭。』第2話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回はかりんが祖父の家でお世話になることになり、そこで樹一と出会います。

記事を読む

『こんな未来は聞いてない!!』たしかに映画化待ったなしかも?

こんな未来は聞いてない!! あらすじと感想を書いていきます。 本日3/20より3/24まで毎日1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『三角的恋愛の饗宴』続編スタート!最新第6話の全容と感想

三角的恋愛の饗宴 5話で1度は最終回を迎えており、アンケートの結果次第

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねご

『夜の世界は美しい』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 伊十蔵景さんが描く夜の世界は美しい~17歳が異世界でキャバ

『青のオーケストラ』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 阿久井真さんが描く青のオーケストラ。 マンガワンにて新連

『ガットショット』第1話ネタバレと感想・マンガBANG!で新連載

作品紹介 佐藤まさきさんが描くガットショット。 マンガBANG!に

→もっと見る

PAGE TOP ↑