*

『血と灰の女王』第7話ネタバレと感想

公開日: : 最終更新日:2017/04/14 オススメ漫画

前回までのあらすじ

闘いの地にやってきた善。

ドミノは他のヴァンパイアを相手すると言って、別の場所へと行ってしまった。

1人で戦うことになった善は、急いで敵のいる場所へと走ったが、そこで見た人物は京介の兄だった。

話し合いで解決しようと試みるも、京介の兄は聞く耳を持たず、闘いを求める狂人となっていた。

「僕は、誰かの命を守る為だけに闘う」

善はヴァンパイアの姿になり、戦いの火蓋は切られた。

『血と灰の女王』第6話の全容と感想はこちら。

スポンサーリンク

全容

 

ギイイイイイイン・・・・

 

殴った京介の兄の腹部からは鈍い音が鳴る。

「か・・・!硬い・・・!」と善は驚きの表情を浮かべ、殴った善の拳からは血が噴き出した。

 

7.1

(血と灰の女王7話)

 

「ハァ・・・なんだソレ?」

攻撃をまともに受けた京介の兄は溜息と共に、京介を軽く睨む。

 

危険を感じた善は直ぐに離れ、距離を取った。

 

「お前・・・殴る直前、力抜いただろう?何でだ?」

京介の兄は善が力を抜いたのを察し、そう質問してきた。

 

善の脳裏には「殺すって!言えよ!」と言われたことが浮かび、

逆に殺してはならないと冷静になっていた。

殺してはならない、そう思ってしまった事で力が自然と抜けてしまっていたのだった。

 

「ああ・・・オレが余計なこと言っちまったせいか・・・そっかそっか・・・」

「じゃっ!耳を潰そう」

どうして善が力を抜いたのかも、言われずとも察した京介の兄は拳を前に突き出しながら言った。

 

「MY TURN」

 

京介の兄がそう言った直後、善の身体は突如雷に貫かれた。

 

7.2

(血と灰の女王7話)

 

ズドッ

 

「・・・な・・・!何が・・・起こった?」善は一瞬の出来事に困惑する。

 

「落雷」京介の兄はそう言い、自分の持つ能力を善に説明してみせた。

そして、どうして自分の能力を敵である善に教えているか、理由が分かるかを聞いた。

 

善は、僕を生かして帰す気がないからだと答え、

京介の兄はその答えに満足する。京介の兄は善の事を完全に格下であるとみなしていた。

 

「ナメやがって・・・!!」

落雷のダメージから回復した善は立ち上がり、再び京介の兄に殴りかかった。

しかし、攻撃は当たらず、拳は空を切るばかりだった。

 

「ムダムダ。オマエ、喧嘩慣れしてねーだろ」

「そんな今から殴ります。みてーな動きで、当たるわきゃあ・・・ねえだろ!」

 

京介の兄は善の足を払い、立て続けに再び落雷で善を攻撃する。

善は落雷を避ける事は出来ない。またもや落雷をまともに受けてしまった。

 

「光った瞬間に飛んでくる!とても避けられない!」

「けど!!」

 

善は落雷を受けたが、怯まない。

すぐさま体制を立て直し、京介の兄の懐へ飛び込んだ。

 

左腕で京介の兄の顔を殴ろうとしたが、簡単に躱されてしまう。

しかし、その後マントを京介の兄の顔に巻き付けた。

 

7.3

(血と灰の女王7話)

 

マントを動かせるとは敵も思っておらず、不意打ちに成功。

善は直ぐに京介の兄の頭部を掴み、地面に叩きつけ、馬乗りになる。

 

「ハハァッ・・・やりやがったなぁ!!」

見事に不意打ちをくらった京介の兄は、楽しそうに拳を善に放った。

 

しかし、その拳は善にいとも簡単に掴んだ。

「ムダだ。地面に両肩着いてたら、ロクなパンチは打てないだろ?」

「得意の落雷も距離を空けてなきゃ使えない。自分も巻き込まれるからだ。違うか?」

 

戦い方は素人でも、どうやら善は戦いに関して全くの考えなしではないらしい。

 

「お前!よく観察してんな。ハハァッ!」

 

完全に不利な状況なのは明らかだが、それでも京介の兄は笑った。

善は思いっきり京介の兄の顔面を殴り、「何がおかしい!!?」と怒鳴った。

 

それでも笑い続ける京介の兄。

 

「笑うな!!この・・・」

「化け物め!」

 

そう言われた京介の兄は、「そりゃお前もだろ」そう言って、

善の顔を掴み、車の窓ガラスに善の顔を向けた。

 

7.4

(血と灰の女王7話)

 

善はそこで初めて自分の姿をはっきりと見た。

 

「こ・・・これが・・・僕・・・!?」

 

7.5

(血と灰の女王7話)

 

化け物・・・じゃないか・・・!!

 

変わり果てた自分の姿を見て、大量の汗をかき、

激しく動揺する善。

 

「なーに動揺してんだよ?」と京介の兄はそう言いながら、

自分ごと、善に向けて雷を落とした。

 

攻撃をまともに受けた善の身体は吹き飛び、京介の兄は自由になる。

 

「落雷ってのはこんな感じか!?」

「うるせーだけでシビれねーのな・・・!!ハハハハハ・・・」

 

片方の目が潰れ、体から血が流れるほどのダメージを受けても

京介の兄は笑い続ける。

 

「・・・イカれてる」

 

善は戦意を失った表情で、そうこぼした。

 

「何言ってんだ?当たり前だろ?」

「ヴァンパイアってのは元々どっかイカれてる人間がなるんだからな」

 

京介の兄は続ける。

 

「それだけじゃねぇぜ。人間がヴァンパイアになると心にさ、火が灯るんだ」

「心の中の抑えきれねぇ欲望が!!メラメラ燃え上がる!!!」

 

「人間じゃあなくなるんだよ!!」

 

話を聞いた善は、僕はそんなんじゃない!そう拒絶するかのように苦し紛れに拳を京介の兄に向けた。

しかし、その拳は簡単に掴まれ千切られてしまう。

 

「お前は・・・変な心の燃え方してんのな」

 

京介の兄は千切った腕を遠くに投げ捨てる。

「距離が離れすぎてると、治せねぇみてぇだな」

 

そこからは京介の兄の一方的な攻撃が続いた。

 

「何を怯えてやがる!!」

「死ぬのがそんなに怖いのかぁ!?ならお前は何の為に生きてる!?」

 

「抑えきれない、心の底から湧いてくる強い欲望があるか!?」

「命をかけてでも絶対に叶えたい、心の底からの夢があるか!?」

 

「何にも無えなら死んじまえ!!」

「そんな命に価値なんてねーよ!!」

 

攻撃を一方的に受け続ける善に、走馬灯のように過去の出来事が蘇る。

 

7.6

(血と灰の女王7話)

 

「善くん・・・。手術の成功率は5割だ」

当時10歳の善はある日、医者にそう言われた。

 

大した病気じゃないと思ってた。

10年しか生きてない。まだ何にもしてない。

今、死んだら・・・僕は何の為に生きてたんだ?

死にたくない

 

初めて死を意識したまだ幼い善は、吐き気を感じた。

そこに一人の少女が現れる。

 

彼女は難病で長期入院しており、

今までに何度も命に関わる手術をしていた。

そんな状況に置かれている彼女は、いつも笑っていた。

 

「・・・なんで笑ってるの?」

「君は死ぬのが怖くないの?」

善は彼女に聞く。

 

「・・・怖いよ」彼女はそう答えた。

 

「ウソだ、」善は表情もなくそう言った。

 

「ずっと病気じゃやりたいことも出来ないし、叶えたい夢も持ってないだろ?」

「君は何の為に生きてるの?教えよ」

 

死ぬのが本当に怖くて・・・

この子は楽になる方法を知ってるんだと思った

その子は何も言わずに少し困った顔をして・・・

僕が、落ち着くまで黙って話を聞いてくれた

 

僕は・・・今でも・・・

強い欲望も・・・絶対に叶えたい夢もない・・・

 

・・・だけど、

 

目が覚めて、ご飯を食べた時、

今までの人生で一番美味しかった

 

手術が成功し、生きる事が叶った善。

涙を流しながらご飯を食べていると、少女が話しかけてきた。

 

「・・・あのね、私もよく分からないの、自分が何の為に生きているのか」

「でもね、目が覚めた時、心の底から、生きてて良かったって思うの」

 

「泣かないで・・・」

「大丈夫・・・アナタは、これから誰よりも優しい人に慣れるわ・・・」

 

7.7

(血と灰の女王7話)

 

「命は大切なものだって、分かってる人だから」

 

・・・・

 

ガッ

 

回想が終わり、善は殴り返す。

殴られた京介の兄の顔の表面がバギンという音と共に砕けた。

 

7.8

(血と灰の女王7話)

 

「お前は・・・今まで生きてきて一度でも・・・」

「心の底から、死にたくないと思ったことがあるか?」

 

「ねえよ」京介の兄は血を吐き捨てながら短く答える。

 

「だろうな。そんな奴が・・・誰かの命を奪うって言うなら、僕は・・・!」

「容赦しない!!!化け物になってでも!!!」

 

7.9

(血と灰の女王7話)

 

感想と考察

前回の感想と考察で予想してはいたのですが、

やっぱり善はケンカ慣れしていないただの素人なので、一方的にやられる展開がありましたね。

でも、ケンカ慣れしていないこと以上に、精神的な揺らぎが大きいことが一番の理由でしょう。

 

精神的な揺らぎがあるのは、戦闘においてはただの弱さになるかもしれませんが、

ヴァンパイアになっても人間らしさがちゃんと残っているという強さでもあるように思います。

 

今回、唐突に回想編が入りましたが、命の大切さを教えてくれた少女が強さも与えてくれました。

「容赦しない!!!化け物になってでも!!!」

ハッキリとそう言った善は、揺らぐことのない信念を手に入れた、思い出した為、

今後は精神的に揺らぐことは少なくなるのではないかと思います。

 

さて、京介の兄は雷を操ることが出来るという能力を持っています。

ドミノもそうですが、遠距離・中距離攻撃が出来るというのは戦闘において有利ですよね。

善はマントも自由に使えるということが分かりましたが、今のところ近距離攻撃しか持っていません。

治癒するときに出てくる蝙蝠の翼みたいなのが、飛び道具になったりすれば面白いんですがw

 

そしてもう一つ、治癒能力は吹き飛ばされた箇所が遠くにあると発動されないことが分かりました。

善の治癒能力の限界がどれくらいなのか気になりますね。

首をはねられたら終わりなのか、それとも塵すら残らないほどに破壊されたら終わりなのか、

アトミック斬食らったら終わりなのか・・・。

 

とまあ、今回はこんな感じですが、次回でいよいよ決着が着きそうな気がします。

果たして善は、京介の兄を生かすのか、それとも・・・。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

『まっすぐ息をすって。』第7話前編ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回で元放送部でNコン経験者の池田先生が顧問になってくれることになりました。

記事を読む

『君の庭。』第4話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は樹一に教えられながらかりんは庭師としての一歩を踏み出しました。 樹一は

記事を読む

ほのぼの系漫画オススメ6選!日常系から非日常まで。

ほのぼの、それは・・・癒し。 心理描写が多い作品に次いで好きなのがほのぼの系漫画です。 今回はc

記事を読む

『ぐらんぶる』ダイビングサークルで青春を謳歌する漫画!

ぐらんぶる 以前、マンガボックスにて出張掲載され、good!アフタヌーンにて掲載されている作品です

記事を読む

『君の庭。』第9話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は樹一と2人きりで散歩に出かけ、樹一が庭師として青木造園に弟子入りした理由

記事を読む

『魔法少女サイト』第1話ネタバレと感想

作品紹介 『魔法少女サイト』もマンガボックスにて新連載! 魔法少女・オブ・ジ・エンドの作者である

記事を読む

『楽園市場』第8話ネタバレと感想(夢和傘)

前回までのあらすじ 前回から前田一晟と夢和傘の話が始まりました。   夢和傘というア

記事を読む

【マンガワン】個人的に面白い作品ランキングTOP10

はじめに マンガワンは漫画アプリの中で1番オススメのアプリです。 他にもたくさんのマンガアプリが

記事を読む

『楽園市場』第14~16話ネタバレと感想(夢アプリ)

今回のお話 今回は前野美羽という17歳の高校生と夢アプリのお話です。 これからは1つのアイテムの

記事を読む

『楽園市場』第10話のネタバレと感想(夢ボタン)

今回のお話 今回からは大野次郎というまだ8歳の小学生と夢ボタンというアイテムの話になります。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『三角的恋愛の饗宴』続編スタート!最新第6話の全容と感想

三角的恋愛の饗宴 5話で1度は最終回を迎えており、アンケートの結果次第

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねご

『夜の世界は美しい』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 伊十蔵景さんが描く夜の世界は美しい~17歳が異世界でキャバ

『青のオーケストラ』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 阿久井真さんが描く青のオーケストラ。 マンガワンにて新連

『ガットショット』第1話ネタバレと感想・マンガBANG!で新連載

作品紹介 佐藤まさきさんが描くガットショット。 マンガBANG!に

→もっと見る

PAGE TOP ↑