*

『血と灰の女王』第4話ネタバレと感想

公開日: : 最終更新日:2017/04/14 オススメ漫画

前回までのあらすじ

ついにヴァンパイアに変貌を遂げた善。

猫殺しを一撃で戦闘不能にした善は止めを刺そうと再び猫殺しに襲い掛かろうとするが、

ドミノによって制止された。

怒りに支配され、自我の無い状態の善はドミノにまで襲い掛かる。

肩に噛みつかれ、傷を負ったドミノだが、ヴァンパイアの姿になりこう言った。

「アンタとアタシ、どっちが上か、分からせてあげる」

『血と灰の女王』3話の全容と感想はこちら。

スポンサーリンク

全容

 

どけ!!どけ!!どけ!!

 

どけ!!!

 

怒りに支配された善は猫殺しに止めを刺そうと試みるが、ドミノに邪魔をされ、

さらに頭に血が上る状態になっていた。

 

僕は・・・!!アイツを・・・!!

 

ドミノ共々、猫殺しに襲い掛かろうとする善。

しかし、ドミノは全く動じていない。

 

ドミノはグッと親指を立てた状態で拳を握り、クルッとそのまま親指を下に向けた。

 

4.1

(血と灰の女王4話)

 

ボギュ ギュル

 

たったそれだけの動作で、善の足は捻じれ、千切れた。

 

4.2

(血と灰の女王4話)

 

「私、手加減って好きじゃないの。メンドクサイから」

 

「大人しくダルマになりなさい」

 

ドミノが見下すような表情を浮かべながらそう言った。

 

しかし、善の千切れた足は即座に繋がる。

ヴァンパイアの中でも非常に高い治癒能力を持っている様だ。

 

「ハァッ!?ちょっと・・・治るのはやい!」

 

ドミノは驚いたが、今度は片手を上げた。

たったそれだけの動作で善を囲むように無数の剣が浮かび上がる。

 

フオッ

 

手を振りおろすと、無数の剣は善に襲い掛かった。

1つの剣が刺さり、その上から次々に刺さる。

 

「ア゛ッ・・・ア゛ア゛ッ・・・!!」

 

地べたに這いつくばるように串刺しにされた善は身動き一つ取れない。

 

「これで何にも出来ないわね」

 

ドミノはそう言って這いつくばった善の上に座った。

 

「理解した?アンタは、私より下よ」

 

4.3

(血と灰の女王4話)

 

意識があれば相当屈辱的である。

 

その様子を、意識を取り戻した猫殺しが見ていた。

 

「女に・・・手も足も出ねえで・・・」

「ヒヒ・・・惨めな・・・野郎だ・・・泣き言でも言っでやりゃよがったなぁ・・・」

 

「友達を殺じで・・・ごめんなざいっでよぉ・・・!!」

 

そんな負け惜しみのようなダサい捨て台詞。

それが猫殺しの最後の言葉になった。

 

ドッ

 

「はしゃいでんじゃないわよ。クズ野郎!」

 

ドミノが猫殺しの左胸に手を差し込んだ。

そして、恐らくは心臓を引きちぎり、グシャっと潰した。

 

その後、心臓を潰した手を開くとそこには、

得体のしれないもの、恐らくはヴァンパイアとしての心臓があった。

 

4.4

(血と灰の女王4話)

 

それをドミノは口元に運び、ゴクっと飲み込んだ。

 

「マズ・・・」

 

ドミノが味について感想を言ってる横で、猫殺しの姿が崩れ始める。

 

そして善も、少し回復したのか、剣が突き刺さったまま無理やり動き出し、

立ち上がった。

 

善の瞳には崩れかけている猫殺しの姿しか映っていない。

そして脳裏には殺された京介の姿が浮かび上がっていた。

 

ドミノを押しのけ、善は猫殺しの顔めがけて殴りかかった。

 

ボファ

 

4.5

(血と灰の女王4話)

 

・・・。

 

空しくも善の拳は猫殺しに当たることはなかった。

猫殺しは完全に崩れ去り、灰になってしまったのだ。

 

「アンタねぇ!!どんだけタフなのよ!?」

 

予期せず、善が動き出したため、再び戦闘態勢に入ったドミノ。

しかし、それは杞憂に終わった。

 

善の姿が人間の姿へと戻っていったからだ。

 

「・・・へぇ、頭は冷えたみたいね」

「それより、アンタいいじゃない!」

 

「パワーもあるしすごくタフ。」

「でも一番いいのは・・・全く衰えない闘争心!」

 

「まっ!私よりは弱いけどね!!」

 

変身を解きながらドミノは善に話しかけるが、返答はない。

 

「ちょっと!!私が馬鹿みたいでしょ!?」

「何とか言ったら・・・」

 

ちょっとおこになったドミノが声を荒げた時、

善は口を開いた。

 

「死んだのか・・・?コイツ」

 

「そうよ。ヴァンパイアはね、死んだら灰になんの。」

「骨も残んないわ。」

 

とドミノは答え、そして続ける。

 

「良かったじゃない。友達の仇を取ってあげられて」

「何暗い顔してんのよ!」

 

「アハハハ!バカみたい!」

「何も気にすることないじゃない!」

 

「人を殺した訳じゃないんだからさ!」

 

その言葉に反応した善。

そして無責任な言葉を放った。

 

「殺したのは君だ!」

 

4.6

(血と灰の女王4話)

 

ドミノは一瞬固まった。

そして露骨に嫌な表情を浮かべる。

 

「何それ」

 

「自分は手を汚してませんって訳?」

「調子いいのね。あんなに殺したがってたクセに」

 

「いい?世の中に絶対に正しい事っていうのはない」

「でも絶対に間違ってる事はある」

 

「黒よ、あのクズは真っ黒」

「黒を殺して、何が悪いのよ?」

 

返す言葉もない善。

そんな善をよそにドミノは衝撃的な言葉を放った。

 

「・・・この先、もっと大勢の人間が死ぬわ」

 

「明日の夜8時、棺原美術館に来なさい」

「この町で、何が起こってるか教えてあげる」

 

・・・。

 

次の日、善は気が入らない生活を送る。

絵を描いても、グシャッと握りつぶす。

そして夜になり、善は京介の通夜に向かう。

 

時刻は20:37、ドミノは美術館前で善を待っていたが、

善はそこには現れなかった。

 

学校では、京介が死んでいた場所に沢山の花束が置かれ、女子生徒が涙を流していた。

善はスタスタとそこを通り過ぎ、京介の家にたどり着いた。

 

「きょうすけぇえ゛えーーーーーーーー!!」

 

家に入る直前で、善は京介の母親の叫び声を聞いた。

外で待っていると、京介の兄が出てきた。

 

「悪いね。通夜は中止だ」

「母が倒れてしまってね。せっかく来てもらって悪いんだが・・・」

 

そう言いかけたところで京介の兄は善に気づく。

 

「弟の友達か?」

 

目を逸らしながら善は「・・・はい」と答えた。

 

「・・・そうか」

「お前も辛いのにな・・・。来てくれてありがとう」

 

京介の兄はそう言って、ポンと善の方を叩き、家の中へと戻っていく。

 

その後ろ姿を見て、善は震え、涙を流した。

 

ドミノが言った言葉。

「中途半端に関わろうとすんじゃないわよ」

「この先、もっと大勢の人間が死ぬわ」

「明日の夜8時、棺原美術館に来なさい」

それらが脳裏をよぎる。

 

またこの町の誰かを襲うかもしれない・・・

止めないと・・・放っといていいはずない!!

 

4.7

(血と灰の女王4話)

 

「・・・わかっていて止める力があったのに・・・!」

「僕は・・・!!」

 

タッタッタッタッ

 

決意を胸に秘めた善は棺原美術館へと走り出した。

 

4.8

(血と灰の女王4話)

 

感想と考察

 

やっぱりドミノは強かったですね。

触れることなく善をあしらいました。

 

ヴァンパイアって魔法みたいなのつかえるの?という素朴な疑問は置いておきましょう。

 

そして、ヴァンパイアは死ぬと灰になる。

これは、今町に降り注いでいる灰と同じものなのでしょか?

だとしたら、しばらくたってこの町に平穏が訪れても、消えていったヴァンパイア達の灰が

別の町に降れば、また同じような悲劇が繰り返されるのでしょうか。

 

ドミノはこの灰について知っているようなので、もともと別のどこかで既に経験しているのかなぁなんて予想をしてみたり。

 

また、ドミノは猫殺しの心臓部から何かを取り出し、食べました。

猫殺しに止めを刺そうとしている善を止める理由なんて僕はないんじゃないの?と思ってましたが

ドミノがこの心臓のような何かを摂取することが目的なら辻褄が合う気がします。

 

心臓のような何かを食べる事でヴァンパイアとしての能力がより強化されていくのではないでしょうか。

ドミノは既に別のどこかで沢山のヴァンパイア達の心臓?を食べ続け、今の強さになっているのなら納得がいきますよね。

 

そして最後に、今回一番気になるシーンは、

善が「殺したのは君だ」と責任をドミノに押し付けようとしたところですよね。

第2話で「誰かを殺したいとおもった」という劇的な心理的変化があったにも関わらず、

戻った?というか心の弱さを見たような気がします。

 

今回の最後には善は何かを決意し、走り出しました。

心の弱さがあってこその決意があると思うので、今後に期待したいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

『少女ペット』第1話ネタバレと感想

作品紹介 漫画ボックスで新しく連載が始まった作者不詳の「少女ペット」 『少女ペット』というタイト

記事を読む

『まっすぐ息をすって。』第4話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は遥と花鈴は落語研究会に所属する希美とリサを放送部に勧誘しますが、 落語

記事を読む

『血と灰の女王』第9話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 今は亡き親友京介。 ドミノに連れられ向かった闘いの場には京介の兄である京児が

記事を読む

『まっすぐ息をすって。』第5話前半ネタバレと感想

前回までのあらすじ 第4話は、落研に所属する2人の話でした。 希美はリサに今までため込んでいた気

記事を読む

『魔法少女サイト』 第7話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回はマジカルハンターについての詳細が分かりました。   いつ襲

記事を読む

『血と灰の女王』第10話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は京介の兄、京児について色々と本人の口から語られました。 京児の話を聞い

記事を読む

『中卒労働者から始める高校生活』 第1話全容と感想

作品紹介 マンガボックスで新連載となった佐々木ミノルさんの描く「中卒労働者から始める高校生活」

記事を読む

『君の庭。』第4話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は樹一に教えられながらかりんは庭師としての一歩を踏み出しました。 樹一は

記事を読む

『血と灰の女王』第5話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 怒りで我を失った善は流れでドミノと闘うことになった。 ドミノとの力の差は歴然

記事を読む

『血と灰の女王』第11話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 善は再び別のヴァンパイアと戦うことになった。 善は戦いの最中、敵のヴァンパイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『三角的恋愛の饗宴』続編スタート!最新第6話の全容と感想

三角的恋愛の饗宴 5話で1度は最終回を迎えており、アンケートの結果次第

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねご

『夜の世界は美しい』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 伊十蔵景さんが描く夜の世界は美しい~17歳が異世界でキャバ

『青のオーケストラ』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 阿久井真さんが描く青のオーケストラ。 マンガワンにて新連

『ガットショット』第1話ネタバレと感想・マンガBANG!で新連載

作品紹介 佐藤まさきさんが描くガットショット。 マンガBANG!に

→もっと見る

PAGE TOP ↑