*

『楽園市場』第11話ネタバレと感想(夢ボタン)

公開日: : 最終更新日:2017/04/14 オススメ漫画

前回までのあらすじ

次郎という少年は兄の太郎が大好きでした。

ある日公園で2人で遊んでると、兄が突然倒れて死んでしまっていました。

 

そこで出会ったのが例の楽園市場の男。

彼から夢ボタンというアイテムを渡されました。

 

夢ボタンは押した回数分だけ、大切な人の寿命を延ばすことが出来ます。

1回につき一日。

 

次郎は太郎のために何度も何度もボタンを押しました。

 

しかし、ついに夢ボタンの残数は無くなり、太郎は亡くなってしまいました。

そして次郎も・・・。

『楽園市場』第10話の全容と感想はこちら。

スポンサーリンク

全容

 

「最愛の息子が死んだ」

 

11.1

(楽園市場10話)

 

「こんなに暖かいのにもう生きていない」

「ゴメンね太郎。丈夫に産んであげられなくて。ゴメンね」

 

「1人寂しく逝かせてごめんね」

 

「独りにさせてゴメンね」

 

太郎が亡くなった母親は最愛の息子を抱きしめ声を上げて涙を流しました。

妹の紗枝も太郎が死んだという事は良く分かってはいなさそうですが、雰囲気で悲しみを感じ取り、同じく涙を流しました。

 

病院を出た母親は生気を失った顔で家へと帰ります。

 

11.3

(楽園市場10話)

 

「おーい遅いぞーハハハ」

「待ってよ兄ちゃあん」

 

仲睦まじい兄弟が母親の前を通り過ぎていきました。

息子を亡くした母親というのは一体どんな気持ちなのでしょうか。

 

母親は家に帰り着きました。

 

「そうだ一晩中病院につきっきりだったからお腹をすかせて・・・」

 

「次郎。次郎ゴメンね。今ご飯を」

扉を開けてそう言いましたが、次郎は返事をしませんでした。

 

11.2

(楽園市場10話)

 

「あら寝てるの。のんきね」と話しかける母親。

 

「太郎お兄ちゃんね。死んじゃったのよ次郎」

 

11.4

(楽園市場10話)

 

そこには夢ボタンを首から下げた犬の姿がありました・・・。

 

母親が次郎を触ると、冷たくなっていました。

次郎は人間ではなく犬で、そして既に亡くなっていました。

 

母親は次郎と出会った日を思い出します。

 

「母ちゃん!公園で拾った!飼っていーだろっ」

太郎が子犬を連れて帰ってきました。

 

11.5

(楽園市場10話)

 

「ちゃんと世話できる?それにね太郎」と話しかける母親ですが、

「やったぜ次郎!」と話を無視して太郎は勝手にイヌに次郎と名前を付け、飼うことを決定しています。

 

父親がなくなってすぐ後だったということもあって母親は次郎を飼うことをついつい許してしまいました。

 

太郎と次郎は本当に仲が良くていつも一緒でした。

たまに本当の兄弟じゃないかと錯覚するくらいに。

 

そしていつしか母親も次郎を本当の息子のように思うようになっていました。

 

場所は変わり天国。

 

ぱちくり!

 

太郎は目を覚ましました。

 

「れ・・・俺確か病院にかつぎこまれて超苦しくなってえ~と・・・ここどこ?」

と太郎は自分の置かれている状況にピンと来ていません。

 

「そりゃー天国だよ」

 

11.6

(楽園市場10話)

 

となりに次郎がいて、そう話しかけてきました。

 

「じっ次郎じゃね~かっ!!」と驚く太郎。

 

次郎は「二人同時にこっちに来たんだって」と説明しました。

へぇ~と納得した太郎は「つかおめー喋れんのかよ!」と次郎を抱き上げます。

 

「マテ。天国ってことは・・・」太郎がそういうと

「うん。2人とも死んじゃったんだ」と次郎が続きの言葉を言いました。

 

そこに楽園市場の男が現れます。

「少し手違いがあり伸びましたが予定通り2人同時にこちらに来ていただきましたよ」

 

11.7

(楽園市場10話)

 

「誰?」と聞く太郎と、「アダムさんだよ」と説明する次郎。

楽園市場の男はアダムという名前の様です。今後はアダムさんと呼びます。

 

「アダムさんいろいろありがと」と次郎がお礼を言いました。

 

「いえいえ。魂がピュアな方にはついつい甘くなってしまうモノです」

「そして2人の魂はとても強い絆で結ばれています。ですので」

 

「呼びに来るまでここで過ごしててください」

「フフフフ。だ~いぶ先になりますがね」

 

そう言ってアダムさんは姿を消しました。

 

「だってさーまいっか。ここすげー居心地いーしなー」

「だねぇ」と2人はごろごろし始めました。適応能力高いです。

 

ごろごろしていると、「あーた・・・あーた・・・」と声が聞こえてきました。

気になった2人は声のする方を覗き込みます。

 

2人は雲のようなものの上にいて、下を見ました。

 

「ああ・・・紗枝・・・。大丈夫かなぁ母ちゃん・・・」

 

そして母親の方に場面は戻ってきました。

 

「次郎は太郎と同じ日に旅立った・・・」

 

「太郎は独りっきりで逝ってしまったわけじゃないんだね」

「寂しくなんかないんだね」

 

「次郎がお兄ちゃんのそばについていってくれるんだね」

「太郎・・・次郎・・・」

 

11.8

(楽園市場10話)

 

「2人とも大切な息子だったよ」

 

母親と紗枝は次郎の身体を抱いて涙を流しました。

 

それから月日は流れ、母親は大分歳を取っていました。

 

カチャチャカチャ

 

「ふーう一服しましょうか」と皿洗いを終えた母親が休憩しようとしたところ、

携帯が鳴りました。

 

「ハイハイ!」と電話に出ると、相手は紗枝でした。

 

「私妊娠しましたっ!」

「うふふふしかもねお母さん」

 

「双児の男の子だって!」

 

11.9

(楽園市場10話)

 

最後に太郎と次郎が2人で写った写真が描かれていました。

 

感想・考察

 

感動系の物語。そして2話で終りました。

 

なんと次郎の正体はイヌでした。

カスタマーリストには職業:小学生と書かれていたのに、ウソだったんですかいっ!という突っ込みはおいといて・・・。

ちょっと予想外な展開でした。

 

前回の感想・考察に

今までのアイテムは使えば使うほど人として堕落していくようなアイテムばかりですが、

今回のアイテムは使えば使うほど寿命は縮みますが、一応は素晴らしい事になるのではないかと、

全く逆の意味を持ったアイテムだと思います。

と書きましたが、今回はやっぱり使えば使うほど魂が綺麗になる?という感じでしたね。

 

今までのアイテムは使い過ぎるとアウトでしたが、今回は使わないといけない・・・という感じ。

使わなかった場合のペナルティが特に思い浮かばないので、アダムさんも本当にそのアイテムが欲しいという対象に対してアイテムをあげたのでしょう。

 

アダムさんは予定通り2人同時にこっちに来てもらいましたよと言いましたが、どうして同時に死ぬ必要があったのかは分かりません。どなたか分かる人がいらっしゃいましたら、コメントかtwitterで解説お願いいたします!

個人的推測としては、太郎が死ぬことは決まっていて、次郎は魂がピュアなため、2人を本当の兄弟にしてあげようというアダムさんの粋な計らいがあって、そのためには同時に天国に行かないといけないっていう事なのかなとおもいます。

 

今度は妹の紗枝の子供として2人は本当の兄弟になるようですね。

今回母親が本当に悲しそうでしたが、最終的には全員救われてハッピーエンドって感じですね。

 

にしてもアダムさん、天国まで自由に行き来できるなんて本当に色々と超越していますねw

今のところ顧客で亡くなったのはゆう子だけですが、いつかゆう子にも復活のチャンスが与えられるのかな?そんな展開があっても面白いですよね!

 

さて次回は何のアイテムのお話になるのでしょうか・・・。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

『まっすぐ息をすって。』第4話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 前回は遥と花鈴は落語研究会に所属する希美とリサを放送部に勧誘しますが、 落語

記事を読む

『僕たちの生きた理由』最終回ネタバレと感想

僕たちの生きた理由 マンガボックスで連載されていた僕たちの生きた理由が遂に完結しました。 63話

記事を読む

『桐生先生は恋愛がわからない。』最終回を見る前にこれまでのあらすじ

桐生先生は恋愛がわからない 小野ハルカ著のマンガワンで木曜日に配信されている人気漫画です。 まさ

記事を読む

『少女ペット』第3話ネタバレと感想

前回までのあらすじ 第2話はペット少女の川嶋さんに膝まずき、主従関係を逆転させるような描写で幕を閉

記事を読む

『三角的恋愛の饗宴』 第3話全容と感想

前回までのあらすじ 前回は   (三角的恋愛の饗宴2話)   以上

記事を読む

『三角的恋愛の饗宴』 最終話の全容と感想

前回までのあらすじ まさかまさかの第5話で最終回が訪れました。 今マンガボックスで1番面白いなっ

記事を読む

『桐生先生は恋愛がわからない。』最終話ネタバレと感想

桐生先生は恋愛がわからない。 遂に最終回を迎えてしまいました。単行本、最終5巻は3月24日発売との

記事を読む

『楽園市場』第5話ネタバレと感想(夢マスク・夢ボディ)

前回までのあらすじ 横田ゆう子と夢マスク・夢ボディの話が始まった前回は、 横田が夢マスクと夢ボデ

記事を読む

『血と灰の女王』第4話ネタバレと感想

前回までのあらすじ ついにヴァンパイアに変貌を遂げた善。 猫殺しを一撃で戦闘不能にした善は止めを

記事を読む

『ヘルク』最終回も近そうなので最新話までのネタバレと感想①

helck 七尾ナオキさん著で、マンガワンにて月曜日に連載されている作品です。 もう少しで最終回

記事を読む

Comment

  1. 花子 より:

    双子として同時に生まれるために、同時に死ぬ必要があったのではないかと思います。

    • phd42795 より:

      コメントありがとうございます!

      夢ボタンに関しては一応ハッピーエンド?なのかなと思います。
      ですが、2人が同時に双子として生まれるために、同時に死ぬ必要があるっていうのは本当にハッピーエンドなのか?とも思うんですよね。
      2人は双子として生まれ変わって本物の兄弟になるからまだ良いですが、母親にとっては最悪の親不孝・・・。
      果たして、夢ボタンを使う必要あったのか?って腑に落ちないんですよね。

  2. より:

    次郎は犬だったんですね。確かに10話に戻ってみてみると、「わんわん」なんて書いてあるし……

    • phd42795 より:

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね。僕も読み返したときに気が付きました。
      泣きついているから「わんわん」と書かかれていると思っていたら、犬であることも示唆していたんですよね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『三角的恋愛の饗宴』続編スタート!最新第6話の全容と感想

三角的恋愛の饗宴 5話で1度は最終回を迎えており、アンケートの結果次第

『人魚姫のごめんねごはん』マンガワンで期間限定掲載!

作品紹介 野田宏さんと若松卓宏さんのタッグで描かれる人魚姫のごめんねご

『夜の世界は美しい』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 伊十蔵景さんが描く夜の世界は美しい~17歳が異世界でキャバ

『青のオーケストラ』第1話ネタバレと感想・マンガワンで新連載

作品紹介 阿久井真さんが描く青のオーケストラ。 マンガワンにて新連

『ガットショット』第1話ネタバレと感想・マンガBANG!で新連載

作品紹介 佐藤まさきさんが描くガットショット。 マンガBANG!に

→もっと見る

PAGE TOP ↑